XMゼロ口座のメリットとデメリット!スプレッドも徹底調査

5 min
XMゼロ口座のメリットとデメリット

この記事では、XM(XMTrading)ゼロ口座を使うメリットとデメリットについて詳しく解説をします。一概にXMが良いというわけではないので、他社が提供するスペックと比較をしながら考察をしていきます。XMで口座開設をご検討の際、参考になれば幸いです。

春麗<br>Chun-Li

春麗
Chun-Li

XMゼロ口座のスプレッドが国内よりも狭いと聞いて飛んできました!

スプレッドは確かに国内より狭い、ただし、往復に手数料が加算されるから注意が必要ですね。ゼロ口座の仕様を順番にみていきましょう。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

この記事でわかること
  • ゼロ口座の特徴を解説
  • ゼロ口座のメリットとデメリットをピックアップ
  • ゼロ口座の特典について

\ 3,000円のトレード資金がもらえる!! /

XMゼロ口座のメリットとは?

XMゼロ口座のメリット

トレードの透明性が高い

口座タイプ取引方式
スタンダード口座STP
マイクロ口座STP
ゼロ口座ECN

ゼロ口座の最大の特徴は「ECN方式」を採用しているということです。オーダーは電子取引所でマッチング取引されます。

市場参加者が提示した「買いオーダー」「売りオーダー」がマッチした時にトレードが成立します。

XMを介さず直接トレードを行いますので、取引の透明性が抜群に高いトレード方法だといえます。

XMの「ECN方式」

XMはマーケットメーカー(Market Maker)として区分されます。

特にCFDと呼ばれる差金決済取引の売買を扱っており 常に継続して価格を提示及び取引を執行していることからによりノンディーリングとして運用となります。

そのため、ECN方式は弊社の取引プラットフォームは自動化されたシステムで運用され、すべての注文は人的介在なしで自動的に執行されます。

XMはこのトレード環境を「ゼロ口座」で提供しています。

MT4/MT5両方が使える

MT4/MT5両方が使える

口座のプラットフォームにMT4とMT5両方を選択できます。

EAがMT5に対応していないケースも多々あると思いますので、両方選択できるのはXMの強みだといえます。海外FX他社はどちらか片方に対応しているケースが大半です。

MT4/MT5の性能を簡単に比較してみましょう。プラットフォームそれぞれの利点と弱点があり、ご自身の環境に合わせて使ってください。

比較項目MT4MT5
動作速度普通速い
時間軸9種類21種類
インディケーター多い普通
EAの種類多いやや少ない
対応ブローカー(海外FX)ほぼ対応一部業者のみが対応

XMのリアル口座をまだお持ちでない方は、ぜひこちらを参考にしてみてください!

スプレッドは 0 pips~

スプレッド
口座タイプスプレッド(ドル円)
スタンダード口座1.5pips~
マイクロ口座1.5pips~
ゼロ口座0.0pips~

ゼロ口座はスプレッドがとにかく狭い。XMで開設できる口座の中で一番狭い。

往復に1lot(10通貨)10ドルの手数料が発生しますが、それでもスタンダード口座に比べればトータルコストを安く抑えることができます。

ただし、XMPエリートランクのスタンダード口座とゼロ口座を比較した場合、キャッシュバックを考慮すれば、優劣をつけがたい状態になります。

ボーナスを使ったトレードが一段落したら、ゼロ口座の開設を検討してみてください。

約定力が高く、スリップページが優秀

スリップページが優秀

ECN方式はブローカーが間に入らないので、理論上それだけ約定のスピードが上がります。

体感では大差ありませんが、実際MT4の自動売買では注文を出してから約定するまでのスピードはゼロ口座の方が速いです。

約定が速いのはスキャトレーダーにとっては良い環境ですし、どの手法を使うにしても、約定が速いにこしたことはありません。

約定の速度はユーザーに有利条件です。

注文がもたつく業者は基本的に使わない方が良い!

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

重要指標発表時のスリップページで業者の実力が分かりますので、約定力を重視する代表的な3社を比較しました。

他社と比較しても約定力は高い水準にあることが確認できます。

ブローカー口座タイプスリップページ
XMTradingスタンダード口座0.1pips
ゼロ口座0.4pips
TitanFXスタンダード口座1.2pips
ゼロ口座0.7pips
Axioryスタンダード口座0.7pips
ゼロ口座0.3pips

重要指標時の国内業者はほんとうに使い物になりません。サーバー落ちもあり、散々な状況です。国内業者で約定拒否をされた経験はありませんか?筆者の経験上、相場が急変した時もXMの注文はサクッと約定します。

XMゼロ口座のデメリットとは?

XMゼロ口座のデメリット

取引手数料が発生する

取引手数料

メリットの項目で少し触れましたが、XMのゼロ口座はトレードのたびに取引手数料が発生します。

ゼロ口座が持てる海外のブローカーのほとんどが取引手数料発生しますので、特別にデメリットというほどのものでもありませんが、知らずにスキャルピングを繰り返していると、手数料がかさみ大変なことになります。

この往復の手数料は確定申告時に経費としては引けませんので、注意が必要です。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

特典が少ない

特典ゼロ口座スタンダード口座マイクロ口座
口座開設ボーナス
入金ボーナス×
XMポイントプログラム×

ゼロ口座は多くの特典が対象外です。新規に口座開設をした時にのみ3,000円がもらえるだけで、入金ボーナスとXMPの特典は使えません。

特に入金ボーナスは上限700,000万円ありますから、このボーナスをすべて消化してから、ゼロ口座を開設した方が良いといえます。

ゼロ口座は口座開設ボーナスしか特典は適応されません。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

最大レバレッジが500倍

ゼロ口座の最大レバレッジは500倍に制限されています。

500倍は決して低くありませんが、スタンダード口座とマイクロ口座は1,000倍を選択できますので、その半分の倍率で運用することになります。

レバレッジ500倍はとても高い倍率ですので、ハイレバにならないようトレードは十分注意が必要です。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

海外FX他社でも、ゼロ口座は倍率を低めに設定する傾向がありますので、これも特別にデメリットというわけではありません。XMの他口座と比べ、劣るということです。

取引できる通貨ペアが限定されてる

マッチング方式の口座ですので、取引できる通貨ペアに制限があります。

スタンダード口座とマイクロ口座に比べ、トレードできる通貨が少ないです。

特に、CFD銘柄の取り引きができず、仮想通貨CFDを行うにはスタンダード口座かマイクロ口座が必要です。

通貨ペアスプレッド
AUDCAD.0.0001
AUDCHF.0.00011
AUDJPY.0.012
AUDNZD.0.00017
AUDUSD.0.00004
CADCHF.0.00019
CADJPY.0.014
CHFJPY.0.011
CHFSGD.0.00235
EURAUD.0.00009
EURCAD.0.00009
EURCHF.0.00009
EURGBP.0.00003
EURHUF.0.49
EURJPY.0.004
EURNOK.0.0116
EURNZD.0.00027
EURPLN.0.005
EURSEK.0.0076
EURSGD.0.0009
EURTRY.0.042
EURUSD.0.00001
EURZAR.0.0201
GBPAUD.0.0002
GBPCAD.0.00022
GBPCHF.0.0002
GBPJPY.0.012
GBPNOK.0.0173
GBPNZD.0.00043
GBPSEK.0.0105
GBPSGD.0.0014
GBPUSD.0.00002
NZDCAD.0.00019
NZDCHF.0.00027
NZDJPY.0.02
NZDSGD.0.002
NZDUSD.0.0001
SGDJPY.0.143
USDCAD.0.00005
USDCHF.0.00004
USDHUF.0.4
USDJPY.0.001
USDMXN.0.0166
USDNOK.0.0096
USDPLN.0.00319
USDSEK.0.0065
USDSGD.0.0015
USDTRY.0.024

クレジットボーナスが消滅する

スタンダード口座とマイクロ口座からゼロ口座への資金移動はクレジットボーナスが移動せず、そのまま消滅します。

スタンダード口座とマイクロ口座間の資金移動は一定の割合クレジットボーナスも移動しますが、ゼロ口座への資金移動は最新の注意が必要です。

XMゼロ口座のメリットとデメリットに関するQA

Q

XMのゼロ口座はスキャルピングできますか?

A

はい、スキャルピングできます。

ただし、エントリーから決済までの1往復で手数料が自動発生します。1lot(10万通貨)10ドルがコストとして加算されます。

Q

XMのゼロ口座にボーナスは付与されますか?

A

はい、口座開設ボーナスの3,000円のみが付与されます。

ただし、入金ボーナスとXMPは対象外です。特典のボーナスをフルに活用したい場合は、スタンダード口座がオススメです。

Q

ゼロ口座の手数料、トータルコストを教えてください。

A

通貨ペアの「スプレッド」+「取引手数料」がゼロ口座のトータルコストです。

例えば、スプレッドが0.1pispであれば、固定手数料の1.0pipsを足してトータルコストは1.1pipsということになります。

Q

XMゼロ口座の手数料は経費として計上できますか?

A

経費として計上できません。

正しくない情報が多いようですが、日本国内の確定申告ではゼロ口座の手数料は経費として加算できません。スプレッドの一部とみなされます。

Q

XMの口座倍率は一律1,000倍ではないのですか?

A

ゼロ口座の口座レバレッジは500倍に設定されています。

スタンダード口座とマイクロ口座とは違いがあります。

Q

最低入金額はいくらですか?

A

口座への最低入金額は5ドルに設定されています。

為替の変動によりレートが多少しますので、現時点のレート(1ドル=140円)で日本円に換算して700円程度が最低入金額ということになります。

Q

XMゼロ口座のデモトレードはできますか?

A

はい、デモ口座を開設することでゼロ口座のスペックを確認することができます。

デモトレード口座のタイプ選択は「スタンダード口座」と「ゼロ口座」の二種類です。マイクロ口座は選択できません。

XMゼロ口座のメリットとデメリットのまとめ

XMゼロ口座のメリットとデメリット! - まとめ

XMのゼロ口座のメリットとデメリットを紹介してきました。雰囲気は伝わりましたでしょうか。

ゼロ口座を使い始めるのは入金ボーナス特典を消化してからが良いとおもいますので、いきなりゼロ口座から始めるのはあまりおすすめできません。

では、今回のポイントをおさらいしておきます。

デメリット
  • 特典が少ない
  • 取引手数料が発生する
  • 取引通貨ペアが少ない
メリット
  • ECN方式で透明性高い
  • スプレッド狭い
  • 約定力は高い

\ 3,000円のトレード資金がもらえる!! /

T.K

T.K

海外FX歴12年。仮想通貨2年。
専業トレーダーを夢見ながら、今は取引市場が活発になる夜の時間帯を中心に日々投資活動を続けている。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事