XMのスプレッドが広がる時間帯を解説 | ポイントをおさえたトレード手法も紹介!

6 min
XMのスプレッドが広がる時間帯

この記事では、XM(XMTrading)のスプレッドが広がる時間帯について解説します。スプレッドが広い狭いに限らず、国内業者を含め、どのブローカーにもスプレッドがありますので、業者の実力が顕著に現れるところです。ポイントとなる項目を順番にみていきましょう。

春麗<br>Chun-Li

春麗
Chun-Li

朝通勤の時間帯いつもスプレッドが広いんだけど、何とかならないの?

スプレッドが広がる時間がある程度決まっており、市場参加者が少なく、いわゆる薄い時間帯に広がります。順番にみてみましょう。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

\ 3,000円のトレード資金がもらえる!! /

スプレッドとは?

スプレッドとは?

スプレッドとは、FX上で売買する時に使われる用語で、通貨ペアの提示レートの買値・売値の差を指しています。単位は「pips(ピップス)」で表されています。


基本的に、スプレッドでは買値の金額が高くなる傾向があり、通貨を売値にするためには追加で費用を支払う必要があります。


また、スプレッドの差は市場の状況や情勢、政治的な発言などで激しく変わることがあり、他の投資家たちがどのように賭けていくのかによってもスプレッドに影響が出てしまいます。

1pips(ピップス)はいくらになるのか?

スプレッドの単位は「pips(ピップス)」で表現されており、「Percentage In Point」が正式名称です。


この単位は、通貨ペアの価格差を統一するための単位であり、同じ1pipsでも通貨ペアによって大きく変わっていきます。

そのため、ひとつひとつの通貨ペアによるpipsを計算しなくてはいけません。


また、FX取引の損失を見るときにも使われていることから、FXを始める際には必ず覚えておきたい単位となっています。

なお、XMでは「ピップ値計算ツール」という計算ツールが提供されており、簡単に通貨ペアのpipsを計算することができる。

XMのスプレッドが広がりやすい時間帯は?

24時間のタイムテーブル
  1. 朝の5:00~8:00の間
  2. 連休や年末年始
  3. 月曜日の早朝
  4. 大きな地震やテロ
  5. 重要経済指標発表の前後

①朝の5:00~8:00の間

XMでは、日本時間の朝5:00~8:00にスプレッドが1.0~3.0pipsほど広がる傾向があります。


なぜなら、朝5:00~8:00の時間帯は、ニューヨーク市場が閉まる時間帯のため、トレード取引が少なく広がりやすくなっているからです。

この時間帯を狙っているトレーダーの方も非常に多く、時間が合うサラリーマンの方はぜひチャレンジしてみてください。

②連休や年末年始

XMは基本的に24時間取引することができます。連休や年末年始なども例外ではありません。


また、年末年始などは参加するトレーダーの数が少ないことから、スプレッドの差が大きく開いていきます。


狭いトレードを狙っているという方以外は、この時間帯を狙ってゆっくりとトレードを学んでいくこともオススメです。

閑散相場には要注意!フラクラが起こるのも閑散時期の年末年始を狙った場合が多い。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

③月曜日の早朝

朝方や休日などもスプレッドが広がりやすい時間帯ですが、その中でも「月曜日の朝」はスプレッドが広がりやすくなっています。


FX初心者の方は、あまり広がり過ぎないお昼頃から取引を始めることが推奨されていますが、「広がりを経験してみたい」という方は、ぜひチャレンジしてみてもいい時間帯です。

④大きな地震やテロ

スプレッドは、大型の地震やテロなどの被害によって広がりやすくなっています。


また、世界を支えている会社が倒産するだけでもスプレッドが広がってしまうため、世界情勢の変化を毎日チェックすることが大切です。


しかし、このような被害が起こるとスプレッドが広がるということは周知していることなので意図的に避ける方が多く、利益を出したい方は避けるようにしましょう。

相場の急変で記憶に新しいのは元トランプ大統領のツイッター、北朝鮮のミサイル発射、東日本大震災などが挙げられます。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

⑤重要経済指標発表の前後

FXでスプレッドの差が開きやすくなる代表的なものとして「重要経済指標発表時」が挙げられます。


この発表には、政治家たちの発言などによって価格の変動が激しくなっていくことも予想されているためです。

日々発表がある中、特に注意しておきたい経済指標として以下が挙げられます。

影響力が大きいイベント、指標
  • 米雇用統計(アメリカ)
  • FOMC(アメリカ)
  • 日銀金融政策決定会合(日本)
  • 欧州中央銀行政策金利発表(ヨーロッパ圏)
  • 実質GDP(アメリカ)
  • 小売業物価指数(アメリカ)
  • ISM製造業景気指数(アメリカ)

このような経済指標は、アメリカ大統領の一言で大きく変わっていくため世界の情勢が「いつ・誰が・どのような発表を行うのか?」を注目することが大切です。

XMのスプレッドが広い理由とは?

FX業者の中には「変動制」「固定制」の2つが存在しており、XMでは「変動制」を採用しています。


変動制を利用することによって、先ほどから言っているようにアメリカ大統領の発言によって大きく変動してしまったり、逆にスプレッドが狭くなってしまうこともあります。


固定制よりもドキドキ感を味わうことができ、知識が必要となってくる変動制は、初心者には難しいとされていますが、非常にやるごたえのあるFX業者となっています。

XMの早朝トレードを成功させるポイント

XMの早朝トレードを成功させるポイント
  1. 窓開けトレード
  2. オセアニアの経済イベント
  3. ニューヨーククローズ前のエントリー

①窓開けトレード

スプレッドが開きやすい月曜日の朝は「窓あけトレード」がしやすくなっています。


窓あけトレードとは、終始値と始値のスプレッド差を利用してトレードを行う手法のことをいいます。

「窓埋め」という言葉があるように、開いた窓は8~9割の高確率で埋まりますので、大きく開いた場合は、レバレッジを控えめにしてエントリーし、窓が閉じるのを待ちましょう。

月曜日の窓開けトレードのやり方
  1. 窓が開いているか確認する
  2. 政治の発言や政治イベントがなかったか確認する
  3. 発言された内容によって、窓を埋める方向にポジションを持つ
  4. 窓を埋めた段階で、利益を確定していく

このような流れで窓あけトレードをすることで、成功する確率を上げることができます。

②オセアニアの経済イベント

政治的発言で大きく変動してしまう経済指標などは、日中に始まって夜に終わることが多いのが特徴です。


しかし、日本よりも1日早く始まるオセアニアの経済イベントを利用することで、早朝の時間帯でも取引することが可能です。


このイベント自体は1ヶ月に数回程度しかありませんが、「なかなか仕事でトレードする時間帯が合わない」というサラリーマンの方にオススメです。

豪州、ニュージーランドの金利政策発表や失業率の発表がある日はAUDとNZYがよく動きます。スプレッドも広くなりますので、エントリーはタイミングをよくみて行う必要があります。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

オセアニアの通貨の特徴は、中国とオーストラリアの情勢が大きく関係しており、その中でも中国の動き把握しておくことが大切です。


また、オエアニア通貨をトレードしていくためには、トレード先のファンダメンタルズを最低でも10年分ほど知っておくことで、成功の確率を上げることができます。

ここでいうファンダメンタルズは財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)をさしています。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief


それに加えて「テクニカル分析」と呼ばれている過去の値動きをチャートで表示して、トレンドやパターンなどから今後の株価動向を予想するのも成功のポイントとなっています。

③ニューヨーククローズ前のエントリー

ニューヨーク市場は、世界の中で一番最後に終わる市場のため、それを利用してポジションを建てていきます。


ニューヨークは、攻めのトレーダーの方が非常に多く、取引が終了する前に利益確定をしてくるため、トレンドの方向に価格が大きく傾く特徴を持っています。


その特徴を利用して、オセアニア通貨などのトレンドを知っておくことで、少しでも多く利益を出すことができます。

この時間帯はスワップ狙いのトレーダーも入り混じります。高金利通貨がクローズ前に上昇し、スワップ加算後に崩れるチャートは頻繁にみかけます。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMオススメの狭いスプレッドとは?

狭いスプレッドの通貨

スプレッドが狭いということは取引量が多いということのため、取引量が多い通貨を見ることで価格の変動が一目でわかるようになります。


特に「ドル(USD)」が関係している通過ペアを選ぶことで、スプレッドを狭くできるため、初心者の方はドルから始めることがオススメです。

スプレッドが狭いオススメ通貨

  • USD/JPY(ドル円):1.5pips
  • EUR/USD(ユーロドル):1.6pips
  • AUD/USD(豪ドル米ドル):1.8pips

XMの取引時間は季節によって変わる。取引の時間帯は、メンテナンス期間などを除いた土日を含めた24時間営業となっています。


ただ、XMでは銘柄によって取引時間が違ってしまうことや世界各国の夏時間(サマータイム)と冬時間による取引時間の切り替えなどによって変更することがあります。

XMを攻略するためには
  1. どの時間帯が活発か
  2. 各国の市場調査
  3. トレンド
  4. スプレッドの広さ・狭さ

これらを意識することで、XMで稼げるようになります。

XMのリアル口座をまだお持ちでない方は、ぜひこちらを参考にしてみてください!

XMのスプレッドが広がる時間帯に関するQA

Q

XM仮想通貨のスプレッドも同様な時間帯で広くなりますか?

A

仮想通貨も基本的にトレードに参加する人が少ない時間帯(早朝)に広がります。

為替は土日は動きませんが、仮想通貨は常に取引されていますので、週末に影響力のあるイベントやニュースがあったりすると、リアルタイムで大きくスプレッドが開くがあります。

その際、各社が配信するレートがまちまちになることが多いので、業者間の差を利用したトレードが成功する場合があります。

ただし、海外FXにおける業者間の両建ては禁止されていますので、ロングのポジションは必ず現物である必要があります。

Q

XMのスプレッドをリアルタイムで確認できますか?

A

お使いのMT4/5でスプレッドをリアルタイムで確認することができます。

現在のスプレッドは、MT4/5気配値表示欄【!】欄にてご確認頂けます。数値はポイントで表示され、10ポイントで1Pipsとなります。

MT4/5気配値表示上にスプレッドが表示されない場合は、気配値表示上右クリック「列」→スプレッドで表示されるようになります。

Q

XM通貨ごとのスプレッド一覧を教えてください。

A

XM社は変動スプレッドで配信しており、固定のレートはありません。平均のスプレッドは公式サイトで確認することができます。

Q

XMゼロ口座のスプレッドは他の口座タイプとどの程度違いますか?

A

公式サイトで口座タイプ別のスペックを簡単に比較することができます。

Q

XMが配信するゴールドのスプレッドを教えてください。

A

口座タイプによってばらつきがありますので、全口座タイプの平均スプレッドを以下に記載します。

口座タイプシンボル平均スプレッド
StandardGOLD0.35
MicroGOLDmicro0.35
KIWAMIGOLD#0.15
ZeroGOLD.0.2

XMのスプレッドが広がる時間帯のポイント整理

XMのスプレッドが広がる時間帯のポイント整理

XMのスプレッドが広がる時間帯について解説をしました。いかがでしたでしょうか。

広がる時間帯を知っておけば、不本意なロスカットを防ぐことだけでなく、気持ちに余裕が生まれます。

トレードをする以上、常識の内容ですので、これを機に知識としてインプットしておきましょう。

本記事のポイントのおさらい
  • 早朝・連休・災害・重要指標発表の時間帯はスプレッドが広がりやすい。
  • 早朝トレードはスプレッド以外にも重要な要素がある。
    • スワップ狙いのトレード
    • 窓埋め狙いのトレード
    • オセアニア圏イベント狙いのトレード
    • ニューヨーククローズ狙いののトレード

\ 3,000円のトレード資金がもらえる!! /

関連記事