XMのメリット・デメリットとは?―安全性と仕組みについて徹底解説―

10 min
XM Tradingの評判!

この記事では、ユーザー目線からみたXM(XMTrading)のメリットとデメリットを紹介します。市場の評判や他ブローカーとの比較を整理し、総合してXMを総まくりします。口座開設に迷われている方は一度参考にしてみてください。少しでも疑問が解消されれば幸いです。

XM Tradingは2009年にスタートした海外FX業者の先駆者です。

現在では多くの言語に対応し、日本のみならず世界のトレーダーからも高く評価されています。

日本では認知度No.1のブローカーです。日本国内のレバレッジ規制により、人気に火が付いたのはいうまでもありません。

他のブローカーが真似できないXMの特徴
  • 人気No.1の海外FXブローカー
  • ポイントプログラムがある
  • 日本語完全対応、オンラインチャットがとても便利
  • 仮想通貨FXで豊富な銘柄を取り扱っている

\ 3,000円のトレード資金がもらえる!! /

XMを利用するメリット12選!

XM Tradingの評判 - メリット
XMを利用するメリット
  1. 信頼実績、安全担保
  2. ウェビナーの開催でサポートしてくれる
  3. 1,000倍のレバレッジで軍資金を確保できる
  4. ロスカットが20%で資金効率アップ
  5. 大きな借金を背負わない、ゼロカットシステム
  6. 口座開設ボーナス、入金ボーナスが豪華
  7. 注文拒否なし!高い約定力
  8. スキャルピングが容認されている
  9. 5ドルから簡単取引ができる
  10. 注文がサクサク
  11. 入出金の処理が素早い
  12. サポートは完全日本語対応

XMのメリット①信頼実績、安全担保

海外FX業者を選ぶ際、一番重要視しなければいけないのがブローカーの信頼性です。利益の出金に対して、難癖をつけて出金を拒否をするところがあります。

サイトをいきなり閉鎖し、集めたお金を持ち逃げされる可能性も否定できません。過去には実際このようなブローカーが存在していました。

その点、XMは出金拒否や破綻のリスクは限りなく低く、トレードに専念できます。海外金融機関の金融ライセンスを保有していますので、安全性は担保されているといえます。

XMは2009年からのサービススタートなので、13年という信頼できる運用歴を実績を築き上げています。

XMは顧客の資金を海外のメガバンクで分別管理しています。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMのメリット②ウェビナーの開催でサポートしてくれる

XMには、XM公式サイトから登録することができる『XMウェビナー』というものがあります。

XMウェビナーでは、XM専属プロトレーダーによるセミナーが開催されており、日本語の教育ツールを採用しているため、日本人の方も安心して受講することができます。


無料で受講することができるXMウェビナーは、1時間ほどで学べる講義形式であり、FX教材を購入するよりも濃く学ぶことが可能です。

そして、なんといってもインターネット環境が整っているだけで受講できるのがメリットです。

XMウェビナーは、公式サイトから「FXウェビナー」をクリックすると、開催される予定一覧が出てきますので「こちらより登録」にローマ字で情報を入れていきます。


XM口座を持っていても1回ごとに事前登録が必要なので、受講したい方は早めに予約を入れておくことがオススメです。

セールスなどは一切ないので、興味がある方は気軽に参加してみましょう。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMのメリット③1,000倍のレバレッジで軍資金を確保できる

FXを始めたいけれど「軍資金が集まらない…」なんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そのような方は、XMの1,000倍のレバレッジを利用することがオススメです。少ない証拠金からトレードすることができます。

国内のFX業者は、レバレッジを掛けたい場合でも「25倍まで」と制限されているので、なかなか軍資金を集めることはできません。

国内業者の場合、1万通貨のポジションをたてるのに必要な証拠金はおおよそ5万円なところ、レバレッジ1,000倍の場合、1500円程度で同じポジションを持つことができます。

XMではレバレッジを大きくすることで、大きなリターンを期待することができます。

資金の集めの効率を上げた方、少額の資金からFXを始めたい方はぜひXMのレバレッジを試してみてはいかがでしょうか。

レバレッジ倍率が高い分、資金以上に大きなポジションを持ててしまうことになりますので、ロスカット・資金管理には十分注意する必要があります。損切りラインは必ず設定するようにしましょう。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMのメリット④ロスカットが20%で資金効率アップ

資金効率を上げたい方の場合「ロストカットを避けたい…」と思っている方も多いのではないでしょうか。


大きな利益を狙うためには、ロストカットをできるだけ抑えることが大切のため、ロスカット水準が20%と低いXMこそ、損失を出しにくいFX業者なのです。

XMのメリット⑤大きな借金を背負わない、ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、投資した金額以上の損失を出さないようにするトレード方法です。

相場の急変などで思わぬ方向にレートが飛んでも、自己資金以上の損失が発生することはありません。

海外業者の多くが採用している方法で、残高以上のマイナスを出してしまった場合にも、0としてリセットされる初心者に優しいルールのことを指します。

トレード口座は一時的にマイナス表示になることがありますが、自動で補填し、残高0の状態に戻してくれます。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

このような方式を採用している理由として、金額がマイナスになってしまう要因は様々あることが挙げられます。

例えば、地震などの自然災害・金融制度の変更・戦争が開始されるなど、このような事態でも為替の相場が大きく変動してしまいます。

このような変動が急変してマイナスになってしまった場合、トレーダーの方は大きく損失を出す可能性があることから、海外FXにおいて多くのブローカーがゼロカットシステムを採用しているのです。

大きな金額の借金を作ることがないゼロカットシステムは、日本国内のFX業者は採用していないことから、安心できるXMでトレードする方が安心なのです。

国内のように追証が発生することがないため、追証により多額の借金が抱えるリスクはありません。XM口座においての最大損失は口座に入金した金額までです。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

故意にゼロカットシステムを悪用するトレードはNG

為替相場の急変によりレートが飛び、ロスカットが間に合わないことがあります。元本以上にマイナスが発生しますが、ゼロカットシステムはこのマイナスをブローカーが補填するシステムのことをいいます。意図してゼロカットシステムを悪用するのは規約違反ですので、指標前のトレードは極力控えましょう。

XMのメリット⑥口座開設ボーナス、入金ボーナスが豪華

XMでは未入金ボーナスとって、新規に口座を開設するだけでクレジットボーナスがもらえて、はじめは入金せずにポジションを持つことができます。

確定すれば、もちろん利益分は出金することもできます。

また、口座への入金に対してもボーナスを付与していて、口座に10,000円を入金すれば10,000円クレジットボーナスがボーナスがもらえます。

上限こそあるものの、とてもお得な特典だといえます。

XMで口座を開設して、10,000円入金すれば実質23,000円の証拠金を元にポジションを立てることが出来るようになります。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

春麗<br>Chun-Li

春麗
Chun-Li

トレード資金が倍以上になるのはなかなかの好条件!

XMのリアル口座をまだお持ちでない方は、ぜひこちらを参考にしてみてください!

XMのメリット⑦注文拒否なし!高い約定力

FXでは、業者によって「注文を確定したのに、約定できない…」ということがあります。

そのため、その約定が遅れてしまうことで、損失を出してしまうこともあるのです。

XMでは99%以上の注文が1秒以内に約定する非常に優れた水準にありますので、約定力が優れた環境でトレードすることができます。

また、「注文拒否」が一切存在しないため、値動きが激しい状況でも利益を出しやすくなっています。

XMでは口座タイプは4種類(スタンダード、マイクロ、ゼロ、KIWAMI)が用意されています。

スタンダード口座とマイクロ口座はXM独自のポイントプログラム(XMP)が適応されるため、スプレッドは他社より広い傾向にありますが、ゼロ口座はポイント対象外のため、スプレッドは狭いです。

口座タイプによるスプレッドの違いをみてみましょう。XMPエリートランクに到達した場合、実質のスプレッドが大幅に改善されていることが確認できます。

通貨ペアスタンダード、マイクロ口座
XMP:エグゼクティブ
スタンダード、マイクロ口座
XMP:エリート
ゼロ口座
(手数料含まない)
ドル円1.6pips実質0.93pips0.1pips
ユーロ円2.3pips実質1.63pips0.4pips
ユーロドル1.7pips実質1.03pips0.1pips

XMのメリット⑧スキャルピングが容認されている

トレーダーの中には「もっと短期間で、どんどん稼ぎたいな」と思っている方もいますよね。


そのようなスキャルピングをしたい方にもXMがオススメなのです。


XMでは、スキャルピングが承認されているので、全ての注文してから1秒以内に執行されていきます。


他のFX業者だと「凍結されるかも…」と不安になってしまいますが、XMでは安心して行うことが可能です。

スキャルピングは高速でトレードを行うため、カバー先の処理が間に合わない可能性があります。この手法自体を禁止をしている海外FX業者も多い。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMのメリット⑨5ドルから簡単取引ができる

初めてトレードを行う方にとって「どんなものか試してみたい」と思っている方も多いと思います。

少し試してみたいだけなのに1万円などを賭けるとなると、少し緊張してしまいます。

そんなトレード初心者の方には、XMで5ドルからトレードすることがオススメです。

XMでは、レバレッジ率も高いため、その後の軍資金も集めやすくなっています。

少ない額でトレードを始めたい方にとって、オススメの海外FX業者です。

XMのメリット⑩注文がサクサク

筆者の経験上、成り行き注文はボタンを押してから確定するまでの一連動作は海外FXの中でもXMはスムーズな部類に入ります。

注文がもたつく業者は本当に苛立ちます。XMは注文が集中するタイミングでもサクッと約定するので、使っていて素直に評価できるポイントです。

特に荒れ相場や窓が開くような相場の時、他業者でとんでもないレートを掴まされることが多いですが、XMはしっかり約定してくれます。

この点は本当に重要な要素で、業者選びで最も重視すべきポイントでもあります。

また、スプレッドだけで業者を判断しない方が良い。公表のスプレッドは狭いのに、実際使ってみたら注文が滑りまくって約定するといった隠れたリスクも考慮する必要があります。

XMはスリップページはほとんど発生せず、このリスクは低いです。

注文ロット数増えると、注文画面がもたつく業者はやめましょう。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMのメリット⑪入出金の処理が素早い

銀行振込がとてもはやいです。筆者の経験で、午前中に出金申請して夕方に着金を確認できたことがあります。時間がかかっても、3営業日以内には着金しています。

他ブローカーの出金一ヶ月待ちを経験していますので、XMの入出金はとってもはやく感じます。安心してトレードをしています。

春麗<br>Chun-Li

春麗
Chun-Li

申請当日の着金はびっくりですね!国内よりもスピードがあります。

bitwalletへの出金は1時間以内に着金が確認できるよ。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMのメリット⑫サポートは完全日本語対応

海外FXということで、英語ができないとサポートが絶望的と筆者は考えておりましたが、XM問い合わせに対して、すべて日本語で対応してくれます。

中でもWEBからのライブチャットがオスメメで、困りごとはすぐに解決してくれます。

サポート対応時間: 平日午前9時~午後9時
‎サポート形式:日本語ライブチャット
メールアドレス:support@xmtrading.com

日本語ライブチャット画面

XMを利用するデメリット7選!

XM Tradingの評判 - デメリット
XMを利用するデメリット
  1. 完全信託ではなく、分別管理制度
  2. レバレッジは有効証拠金額によって変化する
  3. スプレッドが広すぎる
  4. 法人口座を開設できない
  5. 90日間のアクションなしで口座維持費がかかる
  6. 強制ロストカットされる可能性が高い
  7. 出金手数料が高い

XMのデメリット①完全信託ではなく、分別管理制度

XMは、完全信託ではなく分別管理制度を採用しているため、日本向けのサービスは、セーシェルライセンスの法人が提供しています。

そのため、この法人が「倒産防止保険」などに加入していたとしても、それを公表されているわけではないため、今まで預けた資金が倒産によって無くなっても全額保証される確証がありません。

また「どのような時に補償されるのか」なども公表されていないため、少し不安が残ってしまう方もいます。

しかし、XMの補償自体は100万ドル(約1億700万円)と言われているので、FXを楽しんでいる人にとっては心配ありませんが、上級トレーダーの方は万が一に備えて、100万円以上預けないようにすることがオススメです。

万が一のことを考慮し、利益分はこまめに出金するなど、資金の自己管理はしっかりおこないましょう。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMのデメリット②レバレッジは有効証拠金額によって変化する

XMでは有効証拠金額によって口座のレバレッジが変化します。3段階に分かれていて、変化点は2万ドルと10万ドルです。

あまり大きく入金額を増やさず、常に最大レバレッジで口座が使えるよう資金管理をすれば、この制限はあまり気にしなくて良いかもしれません。

口座タイプごとに多少違いがありますので、以下に記載します。

スタンダード口座、マイクロ口座

5~20,000ドル → 1,000倍
20,000~100,000ドル → 200倍
100,000ドル以上 → 100倍

ゼロ口座

5~20,000ドル → 500倍
20,000~100,000ドル → 200倍
100,000ドル以上 → 100倍

XMのデメリット③スプレッドが広すぎる

XMの口座の種類は「スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座・KIWAMI口座」の4つがあるため、初心者でも楽しめるようにスプレッドが広めに設定されています。

2022年11月に新しい口座タイプ「KIWAMI」が公開されましたね。

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

そのため、短期売買などのコストを抑えながら取引をしているトレーダーにとっては「やりにくいな」と感じる部分があるかもしれません。

実際、スタンダード口座とマイクロ口座のスプレッドが他ブローカーに比べ、少し広い設定です。株式指数あたりは並みの広さに設定されています。

XMPランクがエリートランクになれば、ポイントの還元も大きくなります。スプレッドが広いのはこの辺りを計算に入れていると思われます。

XMPが加算されないゼロ口座のスプレッドが狭いことからでもその意図をくむことができ、エリートランクになれば、この差は逆転します。

XMでは信頼性・安全性が高いとされて人気がある海外FX業者のため、なるべくXMから離れたくない方は、ゼロ口座またはKIWAMI口座で取引をするようにしましょう。

最速でエリートランクになる方法を別の記事で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

XMのデメリット④法人口座を開設できない

海外のFXでよくある「年間の利益が高い人がFXの投資法人を設立して、法人口座を開設することによって、税金対策をしている」なんてことをイメージしてXMをする方もいますが、XMでは法人口座の開設を受け付けていません。

日本では税率が低いので気にする必要はありませんが、海外のFXでは税率が高くなってしまうので、節税対策を気にしている方にとっては大きなデメリットとなってしまいます。

XMのデメリット⑤:90日間のアクションなしで口座維持費がかかる

XMでは、基本的に口座維持費が無料となっています。

しかし、90日間の取引・入出金が認められないと、口座維持費がかかってしまいます。

毎月500円かかる口座維持費は、口座の残高から引かれていくので、その間は「休眠口座扱い」とされます。

そして、口座の残高が無くなってしまうと「凍結扱い」に変わってしまいます。

そのため、複数の口座をXMで作っている場合には、必ず90日に一度は何かしらのアクションを起こさないと、その口座での取引ができなくなるので注意が必要です。

XMのデメリット⑥強制ロストカットされる可能性が高い

XMでは、最大1,000倍のレバレッジ取引を行うことができるため、資金集めができる一方で、自己コントロールが必要となります。

XMでは、ゼロカットシステムが利用されているため「いつの間にか多額の借金が…」なんてことはありませんが、無理に大きい額でレバレッジをしてしまうと、強制的にロストカットされてしまうこともあるのです。

強制ロストカットの怖い点は、もうすぐでプラスに働くような場面でも「口座残高を超えるマイナス金額」が予想された時点で取引を中止されてしまうので、一瞬で大金を失ってしまうことがあります。

このようなことから、トレード初心者の方はレバレッジの倍率・ロット数を低く設定することがオススメです。

レバレッジが高いというのはメリットであり、デメリットでもあります。どこのブローカーを使うにしても、資金管理はしっかりしましょう!

ザンギエフ<br>Zangief

ザンギエフ
Zangief

XMのデメリット⑦出金手数料が高い

XMからの送金は海外送金扱いとなるため、決済代行会社の手数料が発生します。手数料は一律2,500円です。

一度に400,000円以上を出金するとこの手数料をXM側が負担してくれます。出金の際は気を付けてください。気にある方は他の手段で出金する方法もご検討ください。

XMのメリット・デメリット – QA

Q

XMの2chでの評判を教えてください。

A

スタンダード口座のスプレッドが広いことはよく書かれていますが、悪質な出金拒否といった内容は見かけません。

XMPのランクが育ってないうちは確かに他社のスプレッドと比較した時に見劣りします。ゼロ口座は特にそのような傾向はないので、気になる方はXMのゼロ口座を使いましょう。

Q

XMのMT4は使いやすいですか?

A

プラットフォーム自体は他ブローカーも共通です。約定率はとても高いです。

約定力があるからこそ海外FX人気No.1なんです。悪質なストップ狩りもみられませんので、安心してトレードできます。

Q

XMでトレードが不利になるに時間帯を教えてください。

A

週明けや早朝はスプレッドが広がりやすいです。市場参加者が少ないため、不利な方向にスプレッドが開くことがあります。

これはどの業者にでもいえることなので、この時間帯はトレードをしないのがベストです。

Q

XMのウェビナーはありますか?

A

XMでは定期的にFXに関するウェビナーを開催しており、講師の方は日本語で話してくれます。

無料で参加できますので、興味があれば参加してみてください。参加するには事前申し込みが必要です。

XMのメリット・デメリット – まとめ

XM Tradingの評判! - まとめ

海外FX人気ナンバーワン、XMのメリットとデメリットを紹介してきました。参考になる項目はありましたでしょうか。

海外FXは何より信頼性を重視してブローカーを選ぶようにしてくださいね。では、今回のポイントをおさらいしておきます。

デメリット
  • 分別管理を採用している
  • レバレッジは有効証拠金額に応じて変化する
  • スプレッドは他社と比べて広い
  • 法人口座は開設できない
  • 長期間放置で口座維持費が発生する
  • 高いレバレッジがゆえに徹底した自己管理が必要
  • 出金方法により手数料が高い
メリット
  • 信頼実績、安全担保がしっかりしている
  • 定期的にウェビナーの開催がある
  • レバレッジ1,000倍でトレードできる
  • ロスカットが20%と低めに設定されている
  • ゼロカットシステムを採用している
  • 特典ボーナスが豪華
  • 約定力が高く、注文拒否もない
  • スキャルピングOK
  • 少額からトレードできる
  • 注文がもたつかない
  • 入出金の処理がとてもはやい
  • 日本語によるサポートが受けられる

\ 3,000円のトレード資金がもらえる!! /

T.K

T.K

海外FX歴12年。仮想通貨2年。
専業トレーダーを夢見ながら、今は取引市場が活発になる夜の時間帯を中心に日々投資活動を続けている。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事